髪を切ると

新作のデザイン画を進めています。

私たちドゥエドンネはまず作りたい物のアイデアを、言葉とラフ画でお互いにプレゼンし製作するものを決めていきます。
デザイン画を製図していく中で私が一番頭に浮かべることは、ポップアップの店頭でのお客さんの言葉です。


「私の耳の長さだと、WAVEだとぴっちり過ぎてもう少しゆったり着けたいの。」というご要望。製図の際はこの声を反芻しながら「これだと長いかな?これだとぴっちり過ぎるかな?」などと0.1mm単位で微調整を繰り返します。シンデレラフィットになるといいな~、と仕上がりが楽しみです。



店頭に立っている時、イヤーアイテムを新しく選ばれるシチュエーションで好きな場面があります。

それは、ヘアサロン帰りの髪を切ったばかりの方にご来店頂く時です。
「新しいヘアースタイルに耳周りもプラスしたくなったの!」という前向きなお洒落欲にこちらもテンションが上がり嬉しくなります。

新しい髪型に足したり引いたり。バランスを見ながらより一層自分らしくしていく作業に、私たちのアイテムを足してもらえると、この上なく幸せです。




素敵なヘアスタイルに、これを着けたらもっといいね!と思ってもらえるように。着けてみたい!と言ってもらえるように。デザインを一つずつ進めていきます。